【2021最新】半沢直樹で大和田常務役を熱演!香川照之の同級生はあの林修!?そして日本最難関大学を首席卒業!?

芸能
スポンサーリンク

毎週日曜日が来るごとに話題をさらっていく大人気ドラマ「半沢直樹」。

半沢直樹役を初め大活躍の堺雅人!官僚目指し変わった性格を持ち親と4年間の絶縁?!三浦春馬との関係性は?

その最大のライバル、「大和田常務」を演じ、俳優、歌舞伎役者として活躍する香川照之さん、またの名を市川中車さんに今注目が集まっています!

今回はそんな香川照之さんの、

・出身大学

・超有名な同級生との関係

・女性関係

についてみていきたいと思います!

スポンサーリンク

香川照之のプロフィール

名前:香川照之/市川中車

生年月日:1965年12月7日

出身地:東京都

出身校:東京大学文学部

俳優と歌舞伎役者と二足のわらじで活躍されている香川照之さんですが、まさかの出身大学は日本最難関の東京大学!天は三物を香川照之さんに与えたようですね笑

父親は二代目猿翁(旧名・三代目猿之助)さんですが、3歳の時に両親が離婚したのを機に関係は一時断たれています。深くは触れませんが、なかなか厳しい幼少期を送られていたようです。

東京大学は首席卒業!?出身高校も超名門!

東京大学に入学するだけでもすごいことなのですが、香川照之さんはまさかの首席卒業もしています。恐ろしい才能ですね、、、

そして香川照之の出身高校も名門男子校、暁星高校です。暁星高校と言えば歌舞伎役者のOBが多いことでも知られています。しかもここでもトップクラスの成績を撮り続けていたと言われています。

大学の同級生が林修!

香川照之さんの東京大学の同級生にはなんと、

「いつやるの?今でしょ!」

で一斉を風靡し、今もレギュラー番組を持ち活躍されている林修さんがいらっしゃいます。

大学時代の交流はなかったようですが、テレビ番組を通じて明らかになったようです。

林修さんが東京大学出身なのは有名ですが、香川照之さんが東京大学出身なのがあまり知られていないのは何故でしょうか?

慶應以上の学歴を!

香川照之さんが東京大学を志した理由はシンプルに

「慶應義塾大学以上の大学」

を目指した結果だったと言います。

何を持って良い大学かは人それぞれですが、ここでは偏差値で測っています。

何故、慶應義塾大学以上の大学を目指したのかと言うと、当時確執のあった父親の市川猿扇さんが慶應義塾大学出身だったからだそうです。

”東京大学卒業”の実績を持っているとひけらかしたくなりそうですが、香川照之さんは自分から前面に押し出すことはありません。

自分の実力で

香川照之さんが東京大学出身の学歴をひけらかさないのは”自分の実力で勝負をしたい”と言う思いがあるからだそうです。

大学4年生の時、テレビ局のADでアルバイトをされている中、就職活動の時期も迫ってきました。一般企業への就職も考えていた香川照之さんですが、

「満員電車の通勤は無理だな、、」

と言う理由で一般企業への就職を断念。卒業後もテレビ局でADを続けていく中で、

「自分は演じる側の方が向いている」

と言う思いから俳優を目指し始めました。

学歴も経歴も一切関係ない俳優の世界で、父親の名前や出身大学の力を借りることを嫌う香川照之さんの性格から、その辺りのことはあえて言わないようにしていたそうです。

実はちょっと嫌なやつ?そこから見えるスタンダードの高さ

このようなエピソードもあります。

大学時代のADのバイトでは先輩風を少し吹かしていたようで、”嫌なやつ”だったと言われています。

少し上から目線の発言をしてくることと、同じことは言わない、メモ取らなくていいの?など厳しく当たる面もあったと言います。ただ、これには香川照之さんのスタンダードの高さが現れており、言うからには本人も一度言われたことは間違わない、準備は徹底してやってくるなど完璧主義な一面を見せています。大和田常務役にぴったり(?)ですね笑

香川照之の女性関係は?

香川照之さんは過去に一般CA職の女性と結婚し、2人の子宝にも恵まれましたが、21年の結婚生活を送り離婚に至っています。きっかけは香川照之さんの歌舞伎界入りから生活様式が大きく変化したことだと言われています。

しかしその後、新たな家に引っ越された際に若い女性を連れて挨拶回りを行ったそうです。

その方は銀座のクラブのホステスとして働かれている方だとか、、

ただ香川照之さん本人は「もう関係はなくなった」と公に否定をしています。

いろいろな意味で今後の同行が気になりますね!

まとめ

どうだったでしょうか?

香川照之さんは東京大学卒の超高学歴だったりと意外な面は多かったと思います。

ドラマ「半沢直樹」での大和田常務役の迫真の演技には今後も注目です!

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました